生え際の後退ってもしかしてコレのこと?



身近なものほど毎日の小さな変化には気づきにくいものです。
両親・兄弟・配偶者など、いつも一緒に暮らしている存在の小さな変化にはなかなか気付きにくいものですが、久しぶりに会った親戚とはお互いに、「白髪増えた?」とか「ちょっとふっくらした?」などという会話をしたこともあるのではないでしょうか。

気付きにくいのは家族だけではなく、自分自身の事についても当てはまります。
20年ぶりの同窓会に出席して、「生え際後退してるんじゃない?」などと言われて、「え?まさか・・・」なんていう思いをすることだってあります。

突然突きつけられた「生え際の後退」疑惑に、自分の記憶だけでは答を出すことができません。
第一自分がハゲるなんて微塵も思っていなかったわけですから、その動揺たるや並ではありません。
取りあえず数年前の写真を引っ張り出して、若き日の自分自身の生え際と比較してみます。

「言われてみれば確かに後退してる!」

「何で今まで気が付かなかったんだ!!!」

「そういえば確か、田舎のじいちゃんは禿げてたなぁ。
ハゲは遺伝するらしいし、生え際の後退はハゲの始まりってことか・・・。」

と、ひょんなことから生え際の後退を確信させられたりなんかします。
最近人気のお笑いコンビのトレンディエンジェルは、むしろハゲをウリにしていますが、大抵の人はこの生え際の後退を何とかしたいと思うでしょうし、どうしたらいいのかを調べます。

ほら、現にあなただって今、調べてるでしょ。

生え際の後退の対策を知りたければ、まずはその原因を知ることから始める必要があります。
敵を知り、己を知れば百戦危うからず、です。

生え際の後退はAGAの典型的な症状のひとつ

生え際が後退していくという症状は、実はAGA(男性型脱毛症)の典型的な症状だったんですね。
じゃあそのAGA(男性型脱毛症)って何かってことなんですけど、軽く調べただけではこんな結論を出しちゃう可能性もあります。

じいちゃんも禿げてるし、遺伝だから仕方ないよね。

ちょっと待ってください!
すでに諦めていませんか?

『遺伝だからハゲる』というのは、絶対ではありません。
確率が高いのは事実ですが・・・。

まずはそのAGA(男性型脱毛症)で、生え際が後退する仕組みと遺伝との関係を探ってみませんか?
それを知ることができれば、対策の手がかりが掴めるかもしれません。

AGA(男性型脱毛症)で生え際が後退する仕組みと遺伝の関係

ハゲは遺伝するというのは、少なからず誤解を孕んでいます。
もう少し正確に言えば、ハゲは遺伝する確率が高い、です。

ハゲの遺伝とも絡めて、AGA(男性型脱毛症)で生え際が後退する仕組みに迫ってみたいと思います。

AGA(男性型脱毛症)で生え際が後退する原因にはいくつかの要素があります。
順を追って説明するとこうです。

男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼ(脱毛酵素)と結合する

その結果、脱毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)ができる

ジヒドロテストステロン(DHT)がアンドロゲンレセプター(受容体)と結合して脱毛因子のTGF-βになる

TGF-βが脱毛指令のFGF-5を出すことで抜け毛が起こる


という流れです。
ここで遺伝の話ですが、遺伝が影響しているのは「5αリダクターゼの量」と「ジヒドロテストステロンへの変換力」であることが分かっています。

遺伝の力が強ければ、それだけ多くのジヒドロテストステロン(DHT)ができることにはなりますが、だからといって必ずハゲるとは限らない、ということです。

この辺りの事を抑えつつ、生え際の後退は対策できるのかを追求していきたいと思います。

生え際の後退って対策できるの?

結論から言うと、生え際の後退は薬用育毛剤「イクオス」で対策できます。

その理由は、イクオスの育毛メソッドとそれに沿って配合された成分の効果によるものです。
AGA(男性型脱毛症)で生え際が後退する仕組みに、これほどまでに対応した育毛剤は他には見当たりません。

→ イクオスの効果の秘密が丸分かり